1. TOP
  2. 今日の「椎名雄一」
  3. 喜びのバトン「渋柿編」

喜びのバトン「渋柿編」

 2019/11/05 今日の「椎名雄一」 里こもりプロジェクト
この記事は約 4 分で読めます。 210 Views

秋になって、LUMINEアグリマルシェにもリンゴや柿が並ぶようになった。長谷川農園でも二種類の柿を売っている。

いわゆる「渋柿」と「甘い柿」だ。

今日は柿のやり取りのエピソードから、喜びのバトンについて書いてみたいと思う。

1. 興味を持つこと

最近は自分にしか興味がない人が増えてきた。何かに誘っても世界を広げず、「いつものままで大丈夫です。」と言う。

それはそれで良いのかもしれないが、誰かの何かに興味を持つと話が広がる。

「すげーでかい柿ですね」

「渋柿だよー」

「???」

そう言えば渋柿と生まれてこのかた向き合ったことがなかったな。干し柿なら大好物だが。

「これは知っている人なら全部くださいというような渋柿。この前も2人で全部売れちゃった。」

「ますます食べたくなりますね!」

長谷川さんに干し方を教わって3つの渋柿を手に入れた。

2. 干してみるとわかることも

実際に干し始めてわかった。全部の柿の枝がT字型に残されている。甘い柿は枝がなかったのに、、、

それは、、、干しやすいようにする配慮だった。確かに枝がないと糸で結べない。

干してさっそく長谷川さんにメッセージをする。

「上手!」

お褒めの言葉とともに色々コツを教わる。

柿を干すのは母の役割になったが、嬉々として柿をむいている。長谷川さんの言葉を伝えると嬉しそうだ。

3. 群馬県赤城南麓ツアー

仕事の合間に母と妹を赤城に連れて行った。柿のやりとりがあるからか、柿の木を見せてくれた。

そして、、、

トラックと脚立を用意して取り始めたのだ。

柿は手が届きそうで届かない。両手でやらないと柿を落としてしまう。

少年時代の遊びのようでこれもまた楽しい。みんなで大騒ぎをしながら柿を20個くらい収穫した。

自分で収穫しているから枝の切り方も自由にできる。飾り用に3つ付いた枝を作ったりした。

4. 東京での楽しみ

持って帰ってきたたくさんの柿をむいて軒下に干す。都会の一軒家が農村チックになる。

和室に飾り用の柿を飾ると今まで見たこともない雅な雰囲気になった。それをまた長谷川さんにメッセージする。

長谷川さんも喜んでくれる。母のガーデニングもテンションがあがる。

食べられるようになる2週間後が楽しみだ。

追記2019.11.8

美味しくいただきました。長谷川さんと「食べたよー」「味は?」「うまい!やばたにえん!」とは言わないが、そんなやりとりが楽しい。

でかい。かなりでかい。
甘い!
血糖値が上がってクラクラするほど!

追記2019.11.18

たくさんたくさんできました!

5. 当たり前がないこと

こんなやりとりが延々に続くのは当たり前だ。でも、当たり前にできない人が最近は多い。

困っている人に頼まれて何かをする。が、お礼も言えない人が増えた。お礼が欲しいわけではないが、その人に何かしてあげたい気持ちは減る。してもらって文句を言う人も少なくない。感謝より自分の都合が先なのだろう。

単に狭い通路で道を譲る。重そうなものを支える。落ちたものを拾って渡す。

大したことではないが、笑顔でありがとうと言えない人が多い。コミュ障なのか知らないが、恩を仇で返すくらい顔を背けて通り過ぎる人もいる。それでも良いが笑顔の輪を切ってしまっている残念な人だ。

今回は渋柿で書いてみたが、ズッキーニ でもレタスでもスムージーでもポップのイラストでも同じことは起きている。豊かな人のつながりとしての「干し柿」はナニモノにも変えがたい柿だ。

物の価値を決めるのは人なんだなと思う。上の空で口に放り込めばただのカロリーにしかならない柿でもあるからだ。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

椎名 雄一 公式サイト(町田の通信制高校・地方創生・農福連携)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

椎名 雄一 公式サイト(町田の通信制高校・地方創生・農福連携)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

yuichishiina

yuichishiina

精華学園高等学校 町田校舎長・一般社団法人 日本心理療法協会代表理事・NPO法人ユメソダテ 理事 など。悪い人がいるのではなく、理解し合えていないことが問題。と人と人との心をつなぐ活動を展開中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 保護者向け「夢が叶うゴールの作り方」講義@精華学園高等学校

  • 不登校・ひきこもり 家庭訪問スタッフ養成講座

  • 小さな努力の芽をつむ

  • 通信制高校への転入

関連記事

  • 産直野菜販売@上野アトレ

  • お互いの性格を知る研修@とある法人様

  • 高校生と小説家になる夢

  • 番組制作におけるプロの仕事

  • 依存症講座@精華学園高等学校

  • リップロールスタ爆