1. TOP
  2. 今日の「椎名雄一」
  3. ピザ作り@精華学園高等学校 町田校

ピザ作り@精華学園高等学校 町田校

今日の「椎名雄一」 通信制高校
この記事は約 2 分で読めます。 78 Views

精華学園高等学校では調理の時間が多い。それは生徒の出席率が上がるから!

1.作る係

調理はお昼に向けて、午前中にすることが多い。
作る係はピーマンやソーセージを切ったり、生地を伸ばしたりしてせっせとピザを焼く。

ピザ作り@精華学園高等学校 町田校 ツナコーンピザの焼く前

生徒の写真を載せられないのが残念だが、授業では見られない集中力を発揮する生徒も多い。

また、
切ることに専念する生徒。
段取りがうまくいくようにお皿を持ってきたりする生徒。
褒める担当。
うんちく担当。

などいろいろだ。 出来上がったものを食べて「うまい!!!!!」という顔がとてもキラキラして見える。

2.食べる係

通信制高校には朝が苦手な生徒が多い。

起立性調節障害と呼ばれる自律神経失調症の一種だ。

そういう生徒を中心に昼から登校してくる。

「食べに来たの?」

と冗談を言われながら、ピザを食べるところから1日を始める。なんて優雅なんだ!!

ピザ作り@精華学園高等学校 町田校 ソーセージピザ

3.段取り係

実は秀逸なのは段取り係(教員)

ピザの生地を朝までに発酵させ、野菜やまな板を準備して、レシピをA3サイズの紙に印刷して張り出す!ここまでで調理は成功したようなものだ。

段取り9割!さすがである。

4.同じ釜の飯を食う

同じ景色をみることは人間関係において大事だ

景色の優劣などではなく、「あれ!」と言った時の指している体験が同じ人と人は理解し合える。

一緒に料理を作ること。

一緒に工夫すること。

手のベタベタした感じが一緒。

ピザソースの香りが一緒。

「きゃー」と騒ぐ言葉が一緒。

そうしているうちに感想も一緒になってくる。

「楽しかったね」

「美味しいね」

精華学園高等学校 町田校の生徒の素晴らしいところは、昼からくる生徒のことも考えて、ピザを温めておいたり、段取りを人知れずやっている教員の苦労をわかっている生徒がいることだと思う。

良い生徒、教員に恵まれて幸せだな。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

椎名 雄一 公式サイト(町田の通信制高校・地方創生・農福連携)の注目記事を受け取ろう

ピザ作り@精華学園高等学校 町田校 ソーセージピザ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

椎名 雄一 公式サイト(町田の通信制高校・地方創生・農福連携)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

yuichishiina

yuichishiina

精華学園高等学校 町田校舎長・一般社団法人 日本心理療法協会代表理事・NPO法人ユメソダテ 理事 など。悪い人がいるのではなく、理解し合えていないことが問題。と人と人との心をつなぐ活動を展開中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • さとこもり(2020年3月)

  • 百學連環と美味しいうなぎ

  • つきたてのお餅@群馬県前橋市

  • さとこもりプロジェクト2020年2月

関連記事

  • 中高生の本音 出版されました!

  • さとこもり(2020年3月)

  • つながりの町@越後湯沢2日目

  • 体育×体育×体育 日体大見学@精華学園高等学校

  • はらだメンタルクリニック@藤沢

  • 通信制高校への転入