1. TOP
  2. 心と心をつなぐ
  3. 線虫でがん診断 エイベックス

線虫でがん診断 エイベックス

 2019/01/23 心と心をつなぐ
この記事は約 3 分で読めます。 74 Views

お世話になっているエイベックスの保屋松さん(AVEX&HIROTSU BIO EMPOWER 代表)が法人をつくり、「線虫でがん診断をする仕組み」を広める活動を開始されました。

1.生物を使った画期的な方法

この方法の画期的なところは「線虫」という生物にがんを発見させることです。たった1滴の尿でステージ0、ステージ1の早期がんも発見できるといいます。

詳細は「エイベックスが線虫でがん診断を支援するワケ」をごらんください

2.エンターテイメントの未来

エンターテイメントの業界も以前とはだいぶ様子が変わってきています。CDではなくダウンロードで音楽を聴くようになり、ユーチューブで音楽が聴けるようになりました。

タレントさんは1回テレビに出れば、それをユーチューブで拡散され、人気は出ますが賞味期限があっという間にきてしまいます。「別のネタないの?」と1ヶ月で言われたらネタが尽きてしまいますし、品質が良い活動はできません。

「エンターテイメントをただ楽しいだけのもので終わらせたくない」

保屋松さんの口からよく出る言葉です。エンターテイメントの強みは「つかみ」それを「ああ、面白かった?で、次は?」という流れで消費していくのではなく、つかんだ後に「がん治療」などにつなげていく。僕もその考えに大いに賛同しています。

3.パラダイムシフトとしてのN-NOSE

この「線虫」を使ったN-NOSEは画期的なアプローチである反面、性能が良すぎて、他の検査でダブルチェックできません。そうなると検査できる数年間、がんが進行するのを待って、再検査となります。それでは早期発見は意味がないだけでなく、不安を煽る意味で逆効果とも言えます。

教育業界でもメンタルケア業界でも似たことが言えますが、あまりにも次元が変わり過ぎると現在存在する社会とうまくやっていけない。これは別の意味で問題です。

N-NOSEの展開にはがんの種類を問わないような免疫療法や心因的な要素を最小限に抑える意味でのカウンセリングなども必要になります。まずは「がん」に苦しむ人やその家族、「がん」の不安を抱えて生きている人などの光明となると良いなと思います。

コラム 「心と心をつなぐ」

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

椎名 雄一 公式サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

椎名 雄一 公式サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

yuichishiina

yuichishiina

精華学園高等学校 町田校舎長・一般社団法人 日本心理療法協会代表理事・NPO法人ユメソダテ 理事 など。悪い人がいるのではなく、理解し合えていないことが問題。と人と人との心をつなぐ活動を展開中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ユメへの作戦会議&ユメソダテの木@桜神宮 4/14

  • バーベキュー@精華学園高等学校

  • 精華学園高等学校 入学式

  • 厚生労働省@霞が関

関連記事

  • カウンセリング@名古屋・近藤先生

  • 重症心身障がい児親子の会 スマイリーサン

  • 高知県で暮らす生き方

  • 心理カウンセラー養成講座に込めていた思い

  • TV出演:傾聴講座@ユメソダテ

  • 農林水産省@霞ヶ関